よくあるご質問 詳細

2 - (1). リサイクル料金について

070012122

Q.
フロン類の再利用や事故等によりエアバッグ類が展開した等から預託済自動車のリサイクル処理が不要になった場合、預託されているリサイクル料金はどのようになりますか?

A.
最終的に使われなかったリサイクル料金は通常の再資源化預託金等と区分して「特定再資源化預託金等」として管理することが法律で定められています。主な使用目的としまして、離島対策や不法投棄対策等へ活用されることとなっています。主に以下のケースが揚げられます。

<特定再資源化預託金として管理される主なケース>
・フロン類の再利用、事故等によりエアバッグ類の展開、解体自動車(廃車ガラ)輸出などによりシュレッダーダストの処理が不要
・リサイクル料金預託済みの中古車の輸出の際、リサイクル料金の返還申請がない
・解体自動車(廃車ガラ)輸出などによりシュレッダーダストの処理が不要

この情報は役に立ちましたか?