よくあるご質問 詳細

1 - (1). 自動車リサイクルの法制度について

070011372

Q.
中古車を積載効率等のためバラバラにして、ボディ・エンジン・足回り(トラックについてはシャシ・キャブ部分)をコンテナで輸出する場合がありますが、この車両は使用済自動車の扱いになるのですか?それとも中古車輸出の扱いとなるのですか?

A.
コンテナの積載効率を上げるためであっても、中古車をバラしてボディ・エンジン・足回り(トラックについてはシャシ・キャブ部分)に分ける行為は解体行為であり、当該車両は使用済自動車として扱われ、電子マニフェストによる移動報告が必要となります。

【注意】
解体行為を行うには、解体業の許可が必要です。 自動車リサイクル法の許可なくこのような行為を行なうと、自動車リサイクル法違反(無許可営業)として処罰されます。

この情報は役に立ちましたか?